HOME>ホットトピックス>どんな予算にも合わせた家づくりが行えます

目次

3つの費用から構成されている

男女

注文住宅で最も予算を占めるのが土地代です。堺に土地を持っていなければ土地代から見積もらないといけません。既に所有していればコストはかかりませんが、結構な費用になるでしょう。家の基礎工事や内装や外装などあらゆる費用は建築費に含まれます。ハウスメーカーは高く、工務店は安い傾向があります。特に大手ハウスメーカーは広告やモデルハウスにコストをかけており費用は上乗せされています。その他の諸費用として家を取得する際の登記手続きが必要です。家も立派な不動産なので必須となります。登記には土地と住宅ごとに登録免許税がかかります。司法書士に頼めますが、その分報酬も支払わないといけません。

費用ごとに実現できる範囲

模型不動産イメージ一軒家

堺の注文住宅には自分で予算を割くか決められます。オリジナリティーの高い注文住宅もシンプルな注文住宅も可能としています。1000万円台ならコストをカットしたシンプルな家になります。外壁の面積を少なくしたり長方形や正方形にしたりします。屋根は傾いた片流れ屋根です。コストのため、レンガやタイルの使用や屋上の設置は難しくなります。屋内も最低限の機能を満たした設備です。いたってシンプルなので施工から完成までの時間は短めです。2000万円台なら少しグレードアップさせられます。タイルを使った外壁やキッチン浴室を最新の設備にできます。優先順位を決めて予算内に入れ込んでいきましょう。3000万円台になるとより多くの希望が実現可能です。堀や柵などに凝りたいなら3000万円台の費用を見込まないといけません。

広告募集中